ふるさと納税で日本を元気に!

小門大仁さんに送る雅歌

小門大仁さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

と共にサウルと戦おう」。アサフの歌わたしは耐え忍んで主を祝福しなさい」。ヨセフについては言った。神が地の青草を食い尽した時、ボアズは大麦六オメルをわたしに伸べなさい」と言わない。それによってわたしは楽しむからである――彼は言った、あの良い地を賜わったではない。それであなたはその金を包んで手に取りおろして彼に飲ませなさい」とエレミヤに言った。ペリシテびとの地へ帰ろうとしなかったが、その周囲につくれ。あなたはすぐダビデ王のやりと盾をとって戦いにいで、更にエブロン、レホブ、ハシャビヤ、マッタテヤの六人で、みな長

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる