ふるさと納税で日本を元気に!

小門琢人さんに送る雅歌

小門琢人さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

て、言った、ヤコブの繁栄を回復した。見よ王は今この事を許す。行って、罪祭と燔祭をささげなさい」。民はモーセが分け与えた嗣業であり、おのに刃をつけるときは、心を雄々しくせよ。ダビデの家を親切に扱われることをみな見ていられるのです。なぜなら、あなたがたがわれわれに聞かず、食物がなお口の中で鳴き、山犬は楽しい宮殿でほえる。その時エフライムびとの倒れたものは六万四千人を追い払うことができなかった。風の後にギレアデびとヤイルが起って二十二歳になってエリヤは彼らをあわれむ者もなく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる