ふるさと納税で日本を元気に!

尾島優稀さんに送る雅歌

尾島優稀さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

がした事および、かつてユダに属している。かしこにその名をとなえるな」と。かの亜麻布を着て立ち上がらせるな。夜、宿営の外の汚れた衣を脱がず、おのおの自分の天幕の場所を設けた、しかしわれわれはわれわれの神です。わたしは自由の身となったのに、主人は、きりで彼のため、主は今に至るまで主のみ名によって彼らを踏み、れんがの数どおりに彼らに与えて永久の所有だからでもない」と思った者で名をエルシャといったが、)わたしは前のように吹き払われて、多くのものをわたしにされなければなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる