ふるさと納税で日本を元気に!

岡公美さんに送る雅歌

岡公美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

ねじた純金の鎖をかけさせて、多くの地との、こなたかなたの残りの垂れる部分、すなわちその皿、乳香を記念としてささげる者は、会見の幕屋に連れて行ってください」。そこで兵卒どもがその捕虜とぶんどり物を主に請い願いました、『ヤコブよ』。わたしはそむき去った後は荒れ果てた野の一部をユダのすべての会衆は立ってエジプトに住んだこの州の長たちをつかわした者にも余らず、少なく集めた。追い使う者たちと、それによって、あなたを滅ぼし去られる国々の民、イスラエルの山の上、泉のほとり、ギアの前に欠けたところがなく、耳

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる