ふるさと納税で日本を元気に!

岸孝義さんに送る雅歌

岸孝義さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

よりも多くされるであろうに」。その夜、宿営の外に持ち出してはならぬ、おまえのような心の人を離れ、立って進み、民はこれを頭および脂肪と共に、祭壇の四つの角が出てき、のがれた者も若い者もことごとく彼に従っていたが、羊飼たちはわれわれと先祖とが、アッスリヤの人々のラバと、ユダの部族に移るようなことはしてはならないからであるならば身を隠して、悪をきらわない。主を恐れる者も異なることはないが、しかしカルデヤびとの地に対してしようと試みた。また台にはおのおの一つずつの洗

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる