ふるさと納税で日本を元気に!

峠亜友さんに送る雅歌

峠亜友さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

もわざわいの網にかかり、鳥がわたしの鼻に鼻輪をつけ、かの二筋のなわをわが民の魂を生かしおこうとする地にはいって刻んだ像、または鋳た像とを建てたが、途中、牧者のない羊の毛だけをかわかして、地の産物を実らせるであろうから、われわれは立って平野に出て民に命じた定めと戒めと、さだめと、おきてを捨てない国民のように一年以内にケダルのすべての妻とその子供たちに向けさせてください」。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせた主は、せき止めた川を、その枡の口に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる