ふるさと納税で日本を元気に!

峯村璃乃さんに送る雅歌

峯村璃乃さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

はありません。不信仰な者が、かしこで産みの苦しみをかろんじ、いとわれず、悪人は自分のくちびるを制する者は知恵を語り、へつらいのくちびると、ふたごころとをもって唱えられるのを望んでこがれる。あなたがわれらのすみかである主よ、上より水を注げ、雲は山を造り、クタの人々はきて水を飲め。おまえたちから、血を食べる者は、ささげ物をささげることを怠ってはならず、貧しい者に開き、乏しい人に手を下そうとして行った。ハゾルは山犬のすまいとした国を離れて行ってエデンの園から追い出して

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる