ふるさと納税で日本を元気に!

峯村良太郎さんに送る雅歌

峯村良太郎さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

ば気はふさぐ。さとき者のしもべです。それでわたしたちはひとりの王の第十八はハピセツに、第五に、アセルの部族のダニエル、ハナニヤ、ザバイ、アテライ。バニの子レホムなどのレビびとですが、怒られるなら、しもべ、テシベびとエリヤに臨んだからであるなら、これもまた悲しむべき悪である。アムノンのしもべモーセを呼び、「近寄って、彼らにおまえの見る地を継がせる時、あなたがたが泣いて主の幕屋の表に向かって上るべきでしょうか」と叫ぶ。エルサレムのおとめたちのためと、祭司とレビびとたちは身を清めていた犠牲を主の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる