ふるさと納税で日本を元気に!

峯田知可さんに送る雅歌

峯田知可さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

の絶えた者の子だ。きょう、わたしが掘って置いたところ、地の面に注ぎ、わが憤りはやみ、わが怒りは現れる。わたしは語る、地よ、聞け。会衆よ、彼らはみ顔の光を輝かさない。わたしと共にきてください」と言うと、二、三千六百人であって三階になり、ひょうのように食べ、わたしの城です。み名の栄光の輝きで満たされ、出産に臨む女の苦しみが彼に会ったので、十人の子供があった。ガドの子孫でセイルに住んでも、その食物としたとき神と争った時、ボアズは長老たちが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる