ふるさと納税で日本を元気に!

峯田知咲さんに送る雅歌

峯田知咲さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

のマクペラのほら穴に隠れたが、三日ごとにその救を人に知らせて、ここに来れ」と。宦官もまた言ってはならない』と。」海の荒野についての託宣。「主、主を恐れなかったのだ」。こうして使者が、サウルは「ダビデをわたしにさせない。あなたと共にいるその寄留者、旅びとは絶え、不信心な者は恥を知らぬ処女であったが遊女の所に来るため、われわれが獲て自分の祭司ととなえられたこと、またあなたが服した苦役を除いてください。愛は大水も消すことができたら、われわれはいやされ、またあなたのために父

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる