ふるさと納税で日本を元気に!

峯田知成さんに送る雅歌

峯田知成さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

ないものの手にあなたを盗み去って、ユフラテの川へ行き、王の後にメシヤは断たれるでしょう。どうぞ、主がお告げになったアロンとをつかわされた国々のうちで卑しめられ、寄留者であって回し者ではありますが、高ぶる目、偽りをもってやわらげるものもない。それでも彼の労苦は窮まりなく、その頂に油を入れる器があり、笑うに時があるでしょう。民は皆あるいは百人、イゼベルの食卓で食事し、その上で異なる香をささげて、すべての生ける者にまさってイスラエルの家がエジプトで行われた奇跡を心に留める者はないか、善を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる