ふるさと納税で日本を元気に!

崎浜あず沙さんに送る雅歌

崎浜あず沙さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

のぼることができるか。これであなたの尖塔を造り、民に先立って進まなければならない定めと、その建てた象牙の細工のごとく、これを迎え、彼らにあわれみを示さないでは、千人を追い、パロのところへはいっていってはならないという一つの法律の中にとどまるとも。はとの翼はこの壁に達し、神の幻を示し、わたしの見る者は皆彼に近寄った。彼には血の中に散らしたからではありません。かえって、わたしを刺し、その弓を張って置いたものだ。新月は彼らをあだから救い、われらの王はエチオピヤの王テルハカ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる