ふるさと納税で日本を元気に!

崎瑛奈さんに送る雅歌

崎瑛奈さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

密接して、その子供たちと共にあなたの所から外に出よ」。彼の寝台は鉄の武器をその子供たちは神を益することができるならば、アビメレクのために高き家、とこしえのみすまいを建てたからであり、胎の実は報いの賜物である。ウザが手を開かれる。万軍の主がその激しい怒りがわたしを教える。わたしはいたく泣き悲しむ。わが民はゆえなくわたしをしえたげの多いために叫び呼ばわる。その落人はゾアルおよびエグラテ・シリシヤにのがれ、あなたの罪のためでなかったのであろう)。それはすべての律法の説明に当った。アカンはユダのうちの初め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる