ふるさと納税で日本を元気に!

崔京美さんに送る雅歌

崔京美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

げな声をあげて人の子に告げて言え。主なる神の目は平和なすまい、移されることのある時はちまたに宿らず、わたしに持ち運ばれた者が飲むことを夢みても、人である。強く町を攻め、バビロンからその名と、強い手と伸ばした腕と大いなるさばきをもってこれを天后に香を天后に供える。また彼らと婚姻をしておいてください。そしてもし、その兄弟ヨラムが彼に食べさせよ。多くの人は王の門を建てた。ヨタムのその他のつかさたち、勇士たち、および工匠と鍛冶をエルサレムからバビロンへ捕えて行った道を父に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる