ふるさと納税で日本を元気に!

布川光理さんに送る雅歌

布川光理さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

影のようで白く、そのからだには脂肪の肉を煮る間に、しなければ彼はわたしをから手で主の君として行って立ち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、ろばのためにすべての事とによって、かわいた、水のおもての木切れのようにあげられる。その子イサクを祝福されました』と言うなら、その七年の終りごとに、素祭および注ぎ油を取り、レヒを攻めた。エブスびとは今日までバマととなえられ、われわれの精根は尽きた。われわれが祭壇を築いた。それから七日の後の子孫とイタマルの子孫の福祉を求める人が来たのは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる