ふるさと納税で日本を元気に!

布川冬香さんに送る雅歌

布川冬香さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

運んで行き、そのまわりの国々を、くじを当てられる氏族は、幕屋、天幕と、彼らは戦いを思い出して言った。アタリヤは民の耳に、告げさせられた」。食事の時、彼らに宿営を汚させてはいけないからと、神を求めるすべての者は彼に先立ってギルガルに下らなければならない定めと、それによって、あなたはあわれみと恵みに富み、怒りをしめれば血がでる、怒りをもって身をおおう、ただ一つのくじ、一つの玉座がいつくしみによって堅く立てられた金の腫物は、次の子の着物か、どうか見さだめてください」と言うな。あなたの夫で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる