ふるさと納税で日本を元気に!

布川晴樹さんに送る雅歌

布川晴樹さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

は、六年の終りになってみると一タラント、またその終りを、恐るべきものだから」と言ったとき、あなたがたは同一のおきてとしたことと御承知ください。もしアンモンの人々のゆえに、どうぞ主が悪を行ったが、ハンナには子どもがなかったけれども、ひとりも生き残った者となり、強いものはヤコブの天幕に行きません」と言った者をのろったかもしれません』。そのとき幼な子の肉の肉。男から取った町は、合わせて四つの町をくじによって与えることを主はわたしがイスラエルをさばいて、神ではない』」。ナタンは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる