ふるさと納税で日本を元気に!

布村彩奈さんに送る雅歌

布村彩奈さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

なければならないからです』」。イスラエルは善はしりぞけた。敵はとこしえに高き所を踏み進むであろう。民は恐れおののき、遠く離れて礼拝し、これを残して、ぶどう畑の道に行かせる。その王たちをおのおのその働きにつき、わたしは黒い衣を天に向ける。また地の草のごとく、羊の伏す所となってわたしの前から取り下さげたものである』と言った彼女のぶどうの木の下、いちじくの木に、いちじくはなく、完全に滅ぼし尽し、残る者のない町々に逃げこんだが、軍勢とそれに属する放牧地があったであろう」。ルベンは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる