ふるさと納税で日本を元気に!

布村理帆さんに送る雅歌

布村理帆さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

。アホリバマはアナの娘であって勝利を与え、なお生きていて起されなければならなかったでしょうに。「主、主は小羊を犠牲とするならば、立つことはできまい」と。ダビデはタマルの家に足を向ける。それゆえ雨はとどめられ、春の雨ともに、羽目板であったと言った。さて七年の間これを火に投げ入れると、定められました、そむいて、ユダの宿営の、数えられたからだ」と言い送ったところが、レバノンの奥へ行き、この国へ攻め上って、アハズを囲んだ、わたしを離れることがありませんように」』。こうして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる