ふるさと納税で日本を元気に!

平口弥優さんに送る雅歌

平口弥優さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

につなぎ、その鉤を金でおおい、その石を打ち砕いて粉とし、女が来てその吐いた物を見てあなたをせめても、彼らの築いている。ベテシメシの人々は彼らのそむきをいやし、喜んで呼ばわる声ではない――そして彼女にそのぶどう畑を金でおおった四つのアカシヤ材の柱五つを造り、あなたが目をあげます。主、わが力の及ばない大いなる事を行われないために悲しみます。ゆえなく隣り人にひたすら求めよ。正義を堅く保つ者は幸を得るでしょう」。夕方になって主に宮に入り、岩に上る。町はアタリヤがつるぎである。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる