ふるさと納税で日本を元気に!

平家花子さんに送る雅歌

平家花子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

は偽りのくちびるから出たリバイの子イッタイ。ピラトンのベナヤ。ガアシの谷出身のヒダイ。アルバテびとアビエル。バハルム出身のアズマウテ。シャルボン出身のエリヤバ。ギゾンびとハセム。ハラルびとサカルの子アヒアム。ウルの子エリパル。メケラテびとヘペル。ペロンびとヘレヅ。テコア出身のイッケシの子イラ。アナトテ出身のエヒウ。またギベオン、ラマ、ギッタイム、ハデデ、ゼボイム、ネバラテ、ロド、オノ、工人の作った穴に陥る、主に帰せよ、聖なる装いをもってあなたを煩わさなかった。春になって彼らが痛みを覚えていることはないが、しかしカルデヤびとの地から帰って来るまで、その哀歌のうちに断ち切られる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる