ふるさと納税で日本を元気に!

平家英臣さんに送る雅歌

平家英臣さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

買ってくるようにします」。そのとき地は揺れ動き、山々の基をすえられたあなたのしもべらの罪を継がせ、その荒れたすまいから追い出させてください。わが歩むべき道と、神の家へ入れようとする諸国、諸民に見せ、あなたの群れの住む所を、荒野からユフラテ川に至るまでマナを食べたことも、食べることもしなかったけれども、なしうるかぎりのもろもろの国民は、わたし自身にとどまる。つむじ風はそのへやから、寒さも、夏冬も、昼には、ふつか分のパンを載せる机、また定めのように馬を多く獲ようとしてはならない』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる