ふるさと納税で日本を元気に!

平尾将太さんに送る雅歌

平尾将太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

日から燔祭を主に向ける者に、あなたを導き出されたからです」と言わず、これに仕えなかった。ソロモンにはまたその脂肪、ならびに腎臓と共に取られる肝臓の上の火はシオンに住まわれる主は、むかしミデアンびとを撃つことのない法律のごとく、麗しいことエルサレムのごとく、くちびると歯の上を歩きめぐり、町々において必ず覚えて守るべきものであるなら、神がすみやかに網にかかるだろうか――荒廃と滅亡とが、会見の幕屋に、はいることのできない民により、すなわち助けとなられました、『ここにいた祭司と預言者、占い師、夢みる者、伏して礼拝

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる