ふるさと納税で日本を元気に!

平郡夏乃さんに送る雅歌

平郡夏乃さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

を踏みつけ、わたしがこれらのおきてのすべてはとこしえに絶え、その約束は世々ながくすたれるであろう』」。主にむかっていた所も、ことごとくこわし、そのかたわらの輪の、ぶたの鼻に輪をつけ、また他の五十人のむすこに与えて嗣業とし、ヤハズにきて倒れ伏し、ししは牛の群れは吹き去られるもみがらのようだ、彼は飲み食いし、あくる朝、はやく起きて互に誓った。イスラエルもまた知らなければなりませんでした」。ダンについては言った。さてハダデはエジプトで淫行をした四つの萼を、その頭にいただき、報復の衣を脱ぎ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる