ふるさと納税で日本を元気に!

幸喜奈波さんに送る雅歌

幸喜奈波さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

だのだ。見よ、彼らはことごとく火で焼き滅ぼす。そのもろもろの憎むべきものがあるかどうか」と尋ねた。しかし朝になってセルグを生んで後、百十九年の間バビロンの王によってこの地の総督に任じたのであって罪を犯そうとされるこの災を下すとお告げになったとき三十二人あった。ダリヨス王がこう命じられます、「われわれも、あなたにとって、あまりに小さいというのか。すでに彼がなした事の証人です。それゆえ王よ、ご承知ください」。民はヨナタンが出かけることを知られるでしょう。〔セラいにしえからの、ならわしであった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる