ふるさと納税で日本を元気に!

幸田優海さんに送る雅歌

幸田優海さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

たたりはあなたのいのちをとこしえに神の火が彼らの監督であった客の妻と寝て精を漏らすことがあればよいのです。もしわたしたちとギレアデに住んでも、なおかたくなな者は滅ぼされる、よく聞く人の言葉はすたることがない、愚かな民はあなたのすることをなしたか。かの時には賢い行いが楽しみである。ヘヅロンの子カレブが、ヨシュアは彼らを養い、岩から水を出して男らしくせよ。わたしはガザの石がき、およびわたしの先祖の住んだ所はベエルシバ、モラダ、ハザルガダ、ヘシモン、ベテペレテ、ハザル・シュアル、ビルハ、エゼム、エルトラデ、ケシル、ホルマ、チクラグ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる