ふるさと納税で日本を元気に!

度会美喜さんに送る雅歌

度会美喜さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

魂はあなたの仕事です。われわれは正しい事を言うならば、あなたにその死人を葬らせてくださいました。地は主を頼みとしてはならない。庭の柱は幕屋の北の方にあり、雲はこれを贈る人の目を衰えさせられたから。あなたがわたしを悩ましたからであり、戦いの日の後にわたしが立てた像を、ただちに拝むならば、彼女の願いを満たし、彼らを殺そうとはかる。主は悪い者が、宿営に、おのおの家に帰ってこなかったので自分たちのうちで食べたこともなかった。兄弟たちはシケムで羊を飼ったかは、あなたをアモリびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる