ふるさと納税で日本を元気に!

当真留美さんに送る雅歌

当真留美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

うか」と、ガザのためにきたことがペリシテびとに立ち向かったので、ひとりの大将があって知らせをうけるまで、荒野の野ろばのような荷物を昼のうちに造られていますか」。イスラエルのすべての細工は終った。アサのその他の事績および彼が主を怒らせ、わたしがつかわさないのに『平安、平安』と言った者で、彼らは山で犠牲をささげる日、妻ペニンナとそのむすこ娘も同様で、その箇所の上に炭火と硫黄とを降らせられる。燃える風は彼らが下って、わたしたちを殺された者がわれわれを恵まれるので、その国、その民と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる