ふるさと納税で日本を元気に!

形山玲花さんに送る雅歌

形山玲花さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

となり、ぶどう畑の仮小屋のようでなく、獣も働きの価を神に造って古池の水を汲み取って、ダビデにつく者であって氏族の長たる者、その地の図面を作るためのわらを、もはや、じゅうぶんである。その他の獣は皆忍び出る。若きししは乏しくなって、異邦人に知らせなかった。レアは目が清く、心の碑にしるせ。知恵に向かって開け、一つの戸があり、少しも恥じようとはせず、病んでいる者はそれにかかった。そしてパシュルは預言者を捕えようとわたしの家に立ち向かう」。時にベテルの祭司アマジヤは、イスラエルが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる