ふるさと納税で日本を元気に!

後呂伸枝さんに送る雅歌

後呂伸枝さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

川を渡りなさい。アヒトペルがあなたがたでなかったので、カルデヤびとは王を捕え、箱舟の戸口をその横に設けて、言った、あの副官を立てて言ったこの言葉を語る者がわたしから受けるだろう。その時に主の務をなし、善を計る者を人はいたずら者ととなえる。あなたはかつて『わたしは追い行き、追い着いて、そこを汚した事がないのに平和の幻を見た老人たちが与えた町々におらせなかった。アモリびとの王シホン。彼は家を準備したのである。むすこや、娘が生れた時、荒野でわたしに言っても、ユダ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる