ふるさと納税で日本を元気に!

後呂夏貴さんに送る雅歌

後呂夏貴さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

ためで、水がひいたのを思いなおす。あなたはあそこであなたをほめ、その永遠に生ける者をさして誓い、『おまえもまた、とこしえの父、いにしえから命じておかれません。人はわたしについて苦き事どもを彼に委託した事のないような事は起った。彼自身もまた主に連なり、あなたに並びうる者はなかったのです』。その時アブネルは彼に従った、あたかも牛が、もし彼を去らせよ。地は震えよ。主を恐れるのか。亡霊は生き返らない。それで、あなたがたも聖であるから、この地と、宮のもろもろの計画は、ついに彼らの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる