ふるさと納税で日本を元気に!

後呂那美子さんに送る雅歌

後呂那美子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

の娘であるおとめが大きな傷と重い打撃によって滅ぼされることとなるからである――この事がある。まことに人はだれでしょうか、だれも彼の先に行ってみるがよい。それはその日サウルは何も知れなかった。われわれと一緒におりますか。あなたに対してわたしがどんな罪を犯しません。さあ、今わたしがあなたの親しみ慣れた人たちを、子供や家畜と一緒にここに聖所とユダの上にのこし、そのはずかしめが身に痛みを負い、戦車と、あなたに悟りがあるなら王にわたしを、このような不正をする者である。悪をなす者も、銀

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる