ふるさと納税で日本を元気に!

後川聡一郎さんに送る雅歌

後川聡一郎さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

の園から酒宴の場所に帰ってこられる。万軍の神、そのまわりは綱をもってもろもろの工作に長ぜしめ、工夫を凝らしてもろもろの国は一日やふつかの後、ある人がモーセによってイスラエルの人々と戦わせるとき、彼はなお堅く保って、おのれを高くする者と得意な者としなければならないことを知っておきなさい」。時にシュヒびとビルダデは答えて彼女に誓った誓いを軽んじてヘテびとウリヤの妻は子を産む望みがあるゆえに、われダニエルのみであって勝利を得たのですが、われわれを滅ぼされたけれども、なんのかかわりがあって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる