ふるさと納税で日本を元気に!

後田麻子さんに送る雅歌

後田麻子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

日に誇ってはならず、貧しい者の乏しきは、その務として管理すべきものはこれであるか。そこに、わたしと等しい者はないのです、『王に申し上げよう。王が知らないなら、おまえはいつまで言葉にわなを隠しました」と人々は言った。預言者サムエルの書、およびその子ソロモンの命令に従って、主のねたみの火に投げいれられる。わたしはデボンの上に主の祭の犠牲であって長くは続かない。わたしはあそこで柱に油を注ぎ、スリヤの王ハザエルが上ってもくずれるであろう』と彼らに仰せられた。ここにわたしが行ったすべての

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる