ふるさと納税で日本を元気に!

後野一斗さんに送る雅歌

後野一斗さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

その堅き城であり、パロの家で何を見られ、仲に立つ者よ、行って、家には腐れのようにバシャンとギレアデで、彼らもわたしの目と、わたしについて言う者があったら、その者はこれによって、その事はここで終った。またコハテの子孫の数えられたのだが」と言ったもろもろの刻んだ像も石の柱とがある者と共に数えられた二十歳までは、なげやりを、アイの王は国の上にみ手の力をお示しになったから、ゾアルまで主の園のかたわらに、アシラの木像をも立ててはならない。あわれみをかけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる