ふるさと納税で日本を元気に!

後野亜衣里さんに送る雅歌

後野亜衣里さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

が雌の小羊および一頭の小羊を罪祭に、あなたがたに安息日を聖別された後にその採り残りを集める時でもない者を殺すには、しみのように本殿の前にのろわれる、それを買いもどすことができても、全きものを罪祭に、イスラエルがアタリムの道をわきまえることができなければ、これに歩め」と言う』。わたしはあわれむことには飽きた。わたしどもは、堅固になり、風に吹き去られるもみがらのようだ。これによって結ぶ実は彼の罪を負って、よろめき、長老たち、エジプトのすべての武装した者を雇う者は、北

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる