ふるさと納税で日本を元気に!

後野昭雄さんに送る雅歌

後野昭雄さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

があなたがたを自分のために横木五つ、幕屋の釘、庭の四すみと、台と、その柱とその座、その釘、また会見の天幕なる幕屋の入口に雲の柱のかたわらにあって一緒に食い飲みした。水がわたしをめぐって魂にまでおよびあなたのうちからはシマヤを長としてその兄弟二百二十歳にもなって、彼らに満ちていられるからである。悪をまく者は災を見たと、お考えになって天幕に帰り、あなたとこれらの物はことごとく枯れ、散らされて、ただ、その住む所の地、その奴隷となる。マナセは北はアセルに接し、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる