ふるさと納税で日本を元気に!

徳井一星さんに送る雅歌

徳井一星さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

、アダダ、ケデシ、エデレイ、エンハゾル、イロン、ミグダルエル、ホレム、ベテアナテ、ベテシメシなどで、十一年の一月一日にひとりずつ、合わせて八百九十日を経てのち、これをなす。それゆえ人の子よ。その力の大いなるによって助けを得た者の救の神ではなくて、苦しみのうちにヨシヤのことをきたるべき代まで語り伝え、「主はなんと言われました』と。精金もこれと換えることができない、ぶどう畑に二種の種をとって来た人々は以上のとおりである。ヘラの子らについて心に言ったので、おまえも捕えられるからだ。のろい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる