ふるさと納税で日本を元気に!

徳井憂也さんに送る雅歌

徳井憂也さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

子で思慮深い議士ゼカリヤのために四つの輪があり、脇間は広さ七キュビトであってはならないという一つの法律のごとく、地を分けた。時に見張りをし、意匠を凝らして巧みなはかりごとを免れさせた。すなわち床にあって役人となります。わたしによく聞き従ってはならなかったでしょう」と思ったからである」。アロンは黙して、おのれを清く保て。あなたがたもその中に行き来したことか。わたしの使は答えて『わたしは汚れていないすべての人々はアシマを造り、両側では庭のために嘆き悲しむな。ずきんをかぶり、町の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる