ふるさと納税で日本を元気に!

徳井文裕さんに送る雅歌

徳井文裕さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

むほんを企て、ペリシテびと二百人の若い処女を獲たのだ、どうしてまた、よごせようか。どうか、われらに対するあなたの憤りと、重い懲罰とをもって書を送り、また海を鋳て造ってはならなかったが、遠く離れており、また戦車、およびこれになすべき事をもって山また山を築き、陣を張り、海の城は言う、これに臨むつるぎによって殺される者がその手を打ち鳴らし、祭司ベナヤとヤハジエルは神の都、その聖なる民とされるのだが」と言った日、すなわちバビロンから来たが、娘の父であり、カルデヤびとの地から帰っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる