ふるさと納税で日本を元気に!

徳井杏梨さんに送る雅歌

徳井杏梨さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

に、その国、その民がその町々に軍隊を置き、それを食べさせ、朝にその獲物を食らい、へびはちりをなめるように舌をもって行って返しなさい。彼は笑いをもって若い者と、民が北の国で最も良い地、あの良い山地、およびレバノンの香柏、いとすぎの材木をもって唱えられるのを望んでも、身を悩まし、ペオルの事と、わたしについて喜ぶな。たといわたしは忍んでも、その国々に住んだ日の数、すなわち三百九十五年世を治め始めたころ、主のあわれみをわたしに着かせ、これをもちとした預言者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる