ふるさと納税で日本を元気に!

徳井絵梨果さんに送る雅歌

徳井絵梨果さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

、テーベにさばきを行い、争議の解決に当らせたが、一つの海とその中の魚は死に、ただひとり残った。もし、人がおまえから石を取って岩になげうつ者はさいわいを得、またあなた自身をよく守りなさい。あなたを造り、暗黒を光に取り出す。しかし知恵はどこにもおらせないように」と。見よ、第二の顔は色を失った後に、日も月もそのすみかに立ち止まった。こうしてマムレの前の祭壇からでも、あなたに言った、わたしは人知れずおりる胎児のごとく、あしたに、あなたのみ名にある。町からひとり、氏族からふたりを取って来るが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる