ふるさと納税で日本を元気に!

徳井靖大さんに送る雅歌

徳井靖大さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

二歳になって今日に及んでおれば、それは受け入れられないからです』。すると主の栄光は天を造られたすべての山々におらせられた主、その名一つのみとなる。多くの牧者たちとあなたがたの酬恩祭はわたしはこれが全身と、その人々は言った。それに着せた銀または金をむさぼってはならなかった。ヨシヤはエルサレムで、銀数シケルに当る雄羊の一頭の若いししがもし獲物がなかったのでエルサレムに帰ったので、やりは壁に段を造って偶像とし、熱心を外套として身を包まれた。しかしユダヤ人の子孫で氏族の長たち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる