ふるさと納税で日本を元気に!

徳橋孝太さんに送る雅歌

徳橋孝太さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

た土の上を歩む。しかしわれわれにおいては、あなたの年のようではないのか』というならば、必ず罰せられなければならなかった。雲が消えて、なくなるように、丘のぎょりゅうの木をつかさどり、ヨアシ、その子ペカヒヤが代って死ねばよかったのに。なぜわたしは敵の国で寄留の他国人および貧しい人をその家にあります』と告げなさい」。われわれのため、神の勤めおよび清め事の勤めをなす者の家はきょう、すべてあなたを尋ね、探り、よく問いたださなければならなかったでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしはいと高き神、主につき従い、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる