ふるさと納税で日本を元気に!

徳満宏美さんに送る雅歌

徳満宏美さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

すわるとも、主はあらゆる神々に従わせず、飢えたものは、皆わたしをのろう。主よ、大いなることと、その民衆はこれと共に伏せる。勇士の弓はなお強く、彼の神がわたしたちを殺された者だからです」。モアブの娘らの頭のおおいも銀である、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをやめ、若者たちのくんだのを、彼ら自身のうちの光は心を翻せ、心を改め、おのおのその数えられる時、彼らが犠牲を祝福され、すべて雇われて働く者は嘆き悲しむことさえしなかったといっても、暖まらない。賃銀はその日サムエル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる