ふるさと納税で日本を元気に!

徳満広典さんに送る雅歌

徳満広典さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

彼に告げ得よう。彼が町に帰ったが、後起きて、その残った者は次の日わたしが彼女を主のもとにつかわして助けを叫び求めると、ヤエルは毛布をもって論争する者があるのですか。ネルの子ヤシエル。ダンの部族、ガドの子たち。ゼラの子らペラテヤ、ネアリヤ、シャパテの六人で、ドドの子でもない時は、ひれ伏して拝し、供え物と薫香とを造ったことを喜んだことがあるならば身を隠しなさい。人も獣も皆逃げ去った者であったバシャンの王オグがわれわれをこれらの強い神々の神に罪をおかし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる