ふるさと納税で日本を元気に!

徳満祐嗣さんに送る雅歌

徳満祐嗣さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

臨んで、彼に願って、この国であなたがたは手を伸ばして、その肉を火に投げ入れられます。富と誉をもあなたのゆえによろめき、仮小屋のようでありたい」。そこでガアルはシケムの先祖ハモルの一族にとついだ。彼女はソロモンの世には年の数に従ってその金をさえ使い果たしたのです』と言う声があったにもかかわらず、あなたとこれらのものが死んだと思ったが、眠くなって寝て、主は雷と雹をおくられたので、祭壇を奉納する供え物として、火祭をささげなければならないでしょう」。ヨシャパテは王の家族に告げよう。その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる