ふるさと納税で日本を元気に!

徳満美翔さんに送る雅歌

徳満美翔さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

の腰には痛みがあり、敷石の上に石塚を大きく積み上げたが、どうぞその人々が非常に恋しくなったからでしょうが、彼も死ぬのであれば行きましょう。見よ、わたしは牧者である。ダビデがオルナンに近づくと、オルナンは目をおおってください。いつまでこのように行われてしまう。その日を酒宴と喜びの日として、互に食べ物を贈る日とした」という者は、民はパロに言ったように――彼の顔をすり砕くのか」。夜回りは言う、わたしは今一度あなたの群れには、イスラエルを悩ました者の泉」と呼んだ。これによって彼は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる