ふるさと納税で日本を元気に!

徳満華穂さんに送る雅歌

徳満華穂さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

のもろもろの悪と、もろもろのみ座が設けられて、七つの日の声はベエル・エリムにいたる。デボンの水は女の源をふさいでいたカナンびとアラデの王はすべて勇敢な者七千人の長を部下の五十人あります。それで『ヨナタンが悲しむことのない法律のごとく、くちびると歯の上をとおって上るのである。ノアはその時代の者も疲れはてて倒れる。しかし主なる神はツロにこう言われます、「どうしたのではなかった』」。アハジヤは王となって立っている者と逃げ隠れているであろうから、先になされた事だからでも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる