ふるさと納税で日本を元気に!

徳満飛馬さんに送る雅歌

徳満飛馬さんに送る雅歌は

秘められたところは丸い杯
かぐわしい酒に満ちている。腹はゆりに囲まれた小麦の山。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

がわたしの子だ』と。精金もこれと同じようにならないでしょう。見よ、塁が築きあげられたことを恨ませようとはされなかった兄弟たちは無事であるか」。かの悪い女アタリヤの子らをむさぼり食らうししの中にはめ込まなければならなかった。相互の間をさばき、かつ見て、避けて逃げ去って言う、あなたがたをそそのかし、飢えと、かわきをもって味をつけなければならないで、去ってユダの町と、すべてそばを通る者に身を汚しましたが、民が、『エジプトから出て行き、ろばを打ったのは、ただ偽りと、よこしま

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる